年齢肌 スキンケア

年齢肌に効く食べ物

肌の表面からのケアも大切ですが、今度は中から肌をケアしませんか。

 

食べ物はわたしたちの肌を作る元となるものです。

 

どんな食べ物が年齢肌に効くのか、ご説明します。

 

目の周りや口元が乾燥する、シワが気になってきた、そんな方は年齢肌の可能性があります。

 

年齢肌というのは肌の水分だけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンCが減少することによって起こるものです。

 

ですので、これらの成分を多く含んでいる食べ物を摂取すれば肌も潤いを取り戻すということになります。

 

ビタミンCは主に野菜や果物に多く含まれています。

 

ビタミンCは赤ピーマンや芽キャベツ、パセリやブロッコリーなどに、果物ですとアセロラ、ゆず、レモンに多く含まれています。

 

じゃがいもやロースハムにも多いので、組み合わせて食べると効果も期待できます。

 

コラーゲンは肌に良いと思っている人も多いでしょう。

 

手羽先や豚足、うなぎや魚のあらにも多く含まれています。

 

肉類に含まれていることが多いので、偏らないように野菜で補ってほしいと思います。

 

ビタミン類は、肌を活性化させ、外からの刺激に強い肌にしてくれます。

 

それだけ、年齢肌の原因にもなる紫外線にも強くなるので、ぜひ摂取してほしいと思います。

 

そして大豆。

 

大豆にはスキンケアの効果が期待できるリノール酸という成分が入っています。

 

肌に水分を与える保湿力や、外の刺激から肌を守るバリア機能の活性化にもつながるので、ぜひ大豆は食生活に取り入れてください。

 

イソフラボンをバランスの良い食事から接種するのが大切です。

 

コラーゲンを肉類、魚類から、ビタミンを野菜や果物から取ることはバランスにいいのですが、だからといってビタミンCが多く含まれている野菜だけを摂取することはやめてください。

 

栄養が偏ってしまうことは肌だけではなく他の部分にも影響が出てしまうので、ビタミンCやコラーゲンが多く含まれている食材は何かということを把握し、バランスの良い食事を心がけてください。